産婦人科

相談に来られる方の中で、
不妊症に悩むご夫婦の方は産婦人科に行かれています。

独身の方は、
精子提供して貰おうと思って先月産婦人科行って来ました!
という方もいますが、
もう何年も行ってないです・・・
という方も見えます。

提供するにあたって、30歳以上の方には産婦人科に行って頂いています。

20代の方は行かなくても妊娠する事が多いので、
しばらく提供させて頂いて妊娠しない様なら一度受診して貰うという形を取っております。

産婦人科に行って頂くのは、
・妊娠しやすいか、病気や異変がないか専門医に診て貰う
・正確な排卵日を検査して貰い、タイミング指導を受けて頂く
という目的があります。

排卵日も基礎体温法や市販の排卵検査薬などもありますが、正確な排卵日を確認する為には、やはり医師に寄る超音波検査や血液検査が有効です。

また診察して貰った結果、
女性ホルモン値が低く、妊娠しにくいので薬を処方して貰う、などの治療を受けることも出来ます。

今は精子提供を考えていない方も、
久しく産婦人科に行かれていない様でしたら、
一度自分の身体の状態を確認して貰うという意味で受診することをお勧めします。

産婦人科に行かれて、
またご自身で妊娠しにくい体質だとわかっている方は、
なかなか難しいと思いますが、
出来れば早めに相談に来て頂けると嬉しいです。

    前の記事

    2020年度活動実績